バイオ医薬品に対する市場の関心や実際の投資額が急激に増え、個別のニーズに従った新しい生物製剤への要求も高まる中、治療法をすばやく、しかも安全に提供しなければならないという圧力はますます強くなっています。

バイオ医薬品の開発および製造は、モノクロナール抗体、組み換えタンパク質、ワクチン、オリゴヌクレオチドなどの粒子を主に扱うもので、解析面においてきわめて特殊な課題を持ち時間もかかる、複雑なプロセスです。 バイオ治療薬を市場に提供するために、プロセスを合理化してボトルネックを軽減することでリスクを可能な限り早く抑え、タイムリーで正確なデータを提供し、効率を向上させる、ということが不可欠です。

マルバーンは、テストおよび製造要件のクリティカルパスに力点を置き、試料の可用性と複雑性などの因子に沿った時間とコストの圧力を考慮した、さまざまなソリューションを提供します。 マルバーンのバイオ医薬品開発と製剤にご利用いただける分析装置としては、製品の純度を評価するサイズ排除クロマトグラフィー Viscotekや、製品の安定性のためのサイズ、ゼータ電位測定を行うゼータサイザーシリーズなどの装置をご用意しています。初期段階でバイオ製剤の適合性と安定性を評価するViscosizer 200や、バイオ製剤の初期段階での凝集を定量化するためのアルキメデスやNanoSightシリーズを含む最先端のテクノロジーを提供しています。

同じ問題や製品はないため、課題に対する適切なソリューションを見つけられるようにマルバーンの技術エキスパートが常にサポートを提供し、共同作業を行います。 マルバーンは、Bioscience Development Initiativeと共同作業を行い、機敏なテクノロジー開発を進められる体制に誇りを持っています。 より迅速かつ簡単で、有用な解析を可能にするために、次世代のソリューションを常に追い求めています。 顧客と共同作業を進めながら、特性評価の調査、製剤、品質管理をスピードアップするために、顧客の製品に関するさまざまな生物物理学情報にアクセスできる一連の装置を開発してきました。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声