水道業界では、製品品質は妥協の余地がない要素であり、常にコンプライアンスを遵守している必要があります。 しかし、多くの施設は、未浄化水質の変動に迅速かつ効率的に対処できません。 たとえプロセスが大幅に変わっても、常に安定して稼働する必要があります。 薬品使用量と汚泥生成量を抑えることができれば、水処理のコストを軽減できます。

マルバーンは、電荷中和プロセスの監視に適した堅牢な完全自動システムを用意しています。 これらのシステムは、懸濁粒子が凝固および沈殿する度合いを直接示すゼータ電位を測定します。 このゼータ電位測定技術により、他のあらゆる水処理手順に先立つ浄水プロセスを予測管理できます。 また、データ電位の測定は、凝集剤の最適な添加量判定をサポートするとともに品質管理の基盤にもなります。

ゼータ電位測定技術は、ラボのオフライン研究や凝集/凝固プロセスの最適化に使用できます。 従来の技術に比べ、以下の利点があります。

  • 測定の速さ
  • 使いやすさ
  • 再現性 - オペレータごとのばらつきがありません

さらに、ゼータ電位測定をオンラインで実施できます。これにより、手動でデータを入力せずに定期的に監視することも、測定を自動制御することも可能です。 オンラインによる継続的な測定の利点を次に示します。

  • プロセスの安定性が向上
  • 未浄化水と工場環境の変化にすばやくプロアクティブに対応可能
  • 凝固剤のコスト削減 – 利用者の報告によれば15~20%
  • オペレータの意思決定を支援する、分かりやすく正確な情報や、OPC、Modbus TCP/IP、または4~20mAの有線信号によるデータストリームで、工場の自動管理を実現。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声