各種の繊維には、特定の要件に対して決定を行う際に考慮される独自の特性があります。 たとえば、強化繊維は高い機械的特性を備えている必要があり、衣料品用繊維には工業や医療用の繊維とは異なる要件があります。

繊維を作る前に最初に選択する材料は、ベースライン特性を確立させるために行う一連の材料特性評価テストによって決まります。

繊維の特性評価を測定する基本的なパラメータには以下のようなものがあります。

  • 破壊時の伸張率
  • 伸張からの回復率
  • 弾性率
  • 吸湿度:2~5%.
  • ゼロ強度温度(過度のクリープおよび軟化点):>215℃
  • 高い耐摩耗性(布地の構造の種類によって異なります)

ベース材料の選択と、それに続く繊維の品質検査をサポートするために使用できる技術には、レオメトリー、画像分析(顕微鏡を使った手法)、GPC、光散乱法、DSVなどがあります。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声