コロイドとは、ある状態の物質が別の状態の物質の中に微粒子として分散している分散系です。 通常サイズは、1 ミクロン以下であり体積あたりの比表面積が大きいです。 したがって、コロイド系の研究においては界面化学が非常に重要な役割を果たします。

コロイドの長期安定性は、製薬、パーソナルケア、食品、セラミック、塗料、顔料など、数多くの産業で非常に重要です。

マルバーンは、使いやすい粒度分布測定装置、ゼータ電位測定装置、レオロジー測定装置をご提供しているので、広範囲な産業におけるコロイド特性の研究にご利用いただけます。 これらの装置と、マルバーンが有する産業とアプリケーションに関する専門知識は、以下のことに役立ちます。

  • 希釈から濃縮試料のコロイド粒子径とゼータ電位の特性評価
  • コロイドの安定性についての理解
  • コロイド形成の安定性と品質の向上
  • コロイド系の微細構造についての理解
  • 実際の製造条件化でのシミュレーション
  • 最適な製品および製造プロセスのパフォーマンスを保証

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声