ここ10年の間、DNAワクチンや遺伝子治療および遺伝子送達用にDNA、RNA、および短鎖のオリゴヌクレオチドを使用した研究が増えてきました。 マルバーンの技術は、以下のことを可能にすることにより、開発のさまざまな側面においてお客様を支援します。

  • DNA プラスミドが線形、コイル状、またはスーパーコイル状(一本 / 二本鎖、断片)であるかどうかを推測する固有粘度を測定する。
  • DNA 対リポソーム比率を量的に測定し、カプセル化の成功率を測定する。
  • ナノ粒子およびリポソームへの搭載を最適化することにより、トランスフェクションまたは遺伝子治療用の DNA またはオリゴヌクレオチドの送達と半減期を改善する。
  • 粒子径、質量、および荷電などの分子の特性を測定する。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声