過去10年余りにおいて、細胞外小胞(EV)が細胞間のコミュニケーションにおける重要な媒介物質として不可欠な役割を果たしているという研究結果がますます多く発表されてきています。 EVは原核生物と高等真核生物の細胞間における生物学的信号の伝達に関わり、多様な生物学的プロセスを制御しています。

加えて、ガンや伝染病、神経変性疾患などの疾患において、EVが細胞外小胞に対して果たす病態生理学的な役割が徐々に認知されてきており、治療的介入での新しい目標になる可能性があることを強く示しています。

自然な環境での細胞外小胞のサイズと濃度を知ることは、これらの構造が疾患で果たす役割、また診断や治療でどのように利用できるかを解明しようとする際に重要な価値を持ちます。

NanoSight製品は300nm以下の粒子の可視化、径測定、計数を行う能力を持っており、これは細胞外小胞の分野において欠かせない技術になっています。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?