泡は、液体または固体の連続相に分散される離散性の気体または気泡相で構成されます。 これらは、シェービングクリーム、フォームバス、防火剤などの液体泡から、ポリマーフォーム、金属泡沫、天然の軽石などの固体泡にわたります。

製造段階と環境に応じて固体泡と液体泡の両方に分類される例はパンとアイスクリームがあります。

マルバーンの分析装置とアプリケーションの専門知識は、以下の目的に利用できます。

  • 泡の品質と安定性を向上させるための粘弾性特性の最適化
  • 気泡の特性の測定
  • 泡の安定化成分の特性評価
  • 製品パフォーマンスおよび消費者受容の検証
  • 界面特性の測定

泡とその連続相の性質に従って、さまざまなメカニズムがその特性と安定性を決定します。 多くの場合、界面活性剤は、気体と連続相の間の界面張力を最小化するために使用されます。ポリマーとタンパク質は類似の役割を果たすことができますが、通常は有機界面活性剤または両親媒性粒子の形を取ります。

バルクおよび界面レオロジー特性も泡の量および安定性に大きく影響し、安定化成分のバルク / 界面組成および分子構造に依存します。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?