液体の体積にまで広がる3次元ネットワークを持つ固体として、ゲルは想定できます。 物理的あるいは化学的相互作用によってネットワークが形成されるため、その結果として硬度が変化します。

化学的ゲルには、"橋かけ"が完全に共有結合である加硫ゴムや硬化エポキシン樹脂などの物質が含まれます。 物理的ゲルは、水素結合、ファン・デル・ワールス力または静電的相互作用の結果として分子間結合を通して形成されます。例として、粒状またはコロイド状のゲルや会合性ポリマーなどがあります。

マルバーンの分析装置とアプリケーションの専門知識は、以下の目的に利用できます。

  • ゲル化と硬化プロセスの全てについてのレオロジー特性の評価
  • ゲル化過程の動力学とそのメカニズムについての研究
  • 静電特性の操作を通したゲル化の制御
  • 液体ゾルおよびマイクロゲル粒子の径および凝集のモニタリング

ゼータ電位は、ゲル化動作に大きな影響を及ぼします。高電荷コロイド粒子では、コロイド状のゲルを形成できますが、低電荷コロイド粒子は密着して強力に相互接続したネットワークを形成します。 このような挙動は、耐電と溶解性が分子構造および関連度に影響する高分子ゲルや界面活性剤ゲルにおいても重要です。

ゲル化や硬化のプロセス、および最終的なゲル組織の物理特性は、レオロジー測定によって十分に特性評価が可能です。 ソルおよびマイクロゲル粒子の粒子径と凝集挙動は、光散乱技術により測定されます。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声