膜タンパク質は、すべての薬剤対象物の 60 パーセント以上に相当します。 そのため、膜タンパク質の構造と機能の関係を理解することは、新しい製薬の発見と開発にきわめて重要です。 タンパク質の膜全域部分にある残留物の疎水性により、膜タンパク質は、脂質膜がないために、通常非活性で構造的に不安定です。

したがって、界面活性剤ミセルおよび他の安定化系(ナノディスクなど)内の膜タンパク質を上手に可溶化することは、受容体の機能、構造および活性についての生体外実験において非常に重要になります。

膜タンパク質特性評価の領域におけるマルバーンのソリューションには、以下のものがあります。

  • 遊離および吸着界面活性剤の定量化を含む、トリプル検出SECを使った蛋白質-界面活性剤複合体の最適化
  • 動的光散乱法を使った界面活性剤物質およびミセルサイズの特性評価
  • バッチと SEC の組み合わせの静的光散乱による、結晶形成の熱力学的条件の最適化に使用される第 2 ビリアル係数の測定

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声