合成ポリマーは通常、重合反応を通して炭化水素モノマーから生成され、最終的に粉末、薄片、小球状の樹脂になります。 その後、改質したり、目的とする性質を得たりするために、さまざまな添加剤が樹脂に加えられます。 続いて、その配合樹脂が処理されます。具体的には、成形、押し出しなどの変換プロセスにより、最終製品の形状へ溶融、成形されます。

最終製品へ使用するためにポリマーを選択する際、通常は性能と加工性のバランスが必要です。 通常、ポリマーの溶融処理を最適化するには、加工性の基準を満たすために、さまざまな化学的、工学的特性が測定されます。 仕上がった部品の品質は、最終的な使用で機能を果たす能力に基づいて評価されます。評価項目には、耐荷重性、バリア特性、高温環境、化学的浸食性環境などがあります。

したがって、ポリマーやコンパウンドは通常、溶融状態で特性評価を行うことが理想的です。主に、温度、圧力、変形率などを処理中と同様の条件にして行います。固体状態や粉末、小球状態で行うことも多く、処理された固体部品から代表試料を採取して特性評価することもよくあります。

マルバーンの材料特性評価ツールは、こうした分析ニーズを満たすために、多様な技術を採用しています。キャピラリーレオメーターと回転型レオメーターは、固体状態のポリマーの融解レオロジーの特性評価やDMAテストに使用されます。 樹脂粉末の粒子径および粒度分布にはレーザー回折法、分子量および分子量分布にはGPC、樹脂粉末または小球の粒子径および粒子形状には画像分析システムが使用されます。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声