土壌は農業の基本資源であり、建設産業、採鉱産業、水処理産業の重要な要素です。 土壌は管理と使用のガイドとなる組成によって分類されます。 天然資源として、土壌および堆積物は地質学者と生態学者の研究の領域であり、特性評価は、物質が受けたプロセスとその環境への影響を判断するのに役立ちます。

マルバーンの装置を使用することで、土壌と堆積物試料の粒子径、粒子形状、レオロジーおよびゼータ電位を簡単に評価できます。

これらの測定技術により、以下のことが可能になります。

  • 粘土、沈泥、砂の割合を迅速に測定して、土壌組織を分類
  • 堆積物の輸送環境を評価
  • 堆積物内の汚染物質保持率の可能性を評価
  • 土壌内のイオンの取り込み可能性を評価
  • たとえば、汚染物質除去の一部として表面の帯電をモニタリング
  • 粒子間の相互作用を評価
  • 粒子充填、気孔率および透過率を評価
  • 凝集体構造を評価

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声