表面特性と界面特性の研究は、微視的な相互作用が材料のバルク特性にどのように影響するかを理解する上での基礎となります。 表面と界面の特性評価は、消費財、特殊化学製品、製薬およびライフサイエンスなどの広範な産業において非常に重要です。 各アプリケーション分野において、表面および界面での分子と粒子の相互作用は、最終製品の材料特性に影響します。

マルバーンは、使いやすいさまざまな粒子径測定装置、ゼータ電位測定装置、ゲル浸透クロマトグラフィー測定装置およびレオロジー測定装置を提供しています。これらの装置を使用することで、表面および界面の研究で以下のことを行うことができます。

  • 粒子および固体の表面での相互作用の理解
  • 時間経過やストレス状態によるバルク特性の理解
  • 製品開発期間の短縮
  • 製品パフォーマンスの最適化

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

お客様の声