局所用準固形剤には通常、クリーム、ジェル、軟膏、ペーストの形態があります。 目的とする治療効果や作用または投与部位などによっては、原薬だけでなく、このような物質にも乳化剤、粘度増強剤、酸化防止剤または安定剤などが含まれていることがあります。

局所剤に関してはバイオアベイラビリティや安定性に関する課題が数多くあります。 粒子径、粘度などの重要な材料属性の管理は、薬剤の目標プロファイルを確実に達成するために重要です。 マルバーンはこうした属性の特性評価に役立つ一連の技術を提供いたします。 たとえば、ママルバーンのモフォロギG3-IDは、複雑な局所剤であっても原薬の粒子径分布を明確に測定することで生物学的同等性の特性評価をサポートいたします。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?