粒子径または流体力学半径 RH は、2 つの方法で測定できます。 1 つ目は、動的光散乱 (DLS) です。この方法は一般的に、サンプル全体中の平均サイズを測定するバッチ技術として使用されますが、サイズ排除クロマトグラフィー (GPC/SEC) 用検出器として使用できます。

もう 1 つの方法は、サンプル中すべての成分の RH を得る非常に正確で精密な方法は、SEC による分離後のトリプル検出によるものです。

オンライン型光散乱と粘度計検出器を使用することで、高分子またはタンパク質の分子量と固有粘度を測定できます。従って、クロマトグラムの任意の位置で RH が計算されます。

これらの技法の両方の利点は、調査する物質に関して実質的にサイズの上限または下限がないことです。

分子サイズの測定値は、以下のような用途でご利用いただける場合があります。

  • 分子量を比較して、構造について調べる場合
  • 分子サイズを利用して DLS で、迅速に分子量を推定する場合
  • DLS でタンパク質純度を調べる場合
  • タンパク質の融点測定を行う場合

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?