最終製品の物理的特性、化学的特性は、ポリマー原料の分子構造に密接に関連している場合があります。

ポリマー構造(ブランチング)の種類:

  • 線形
  • ランダム分岐
  • 櫛形構造
  • デンドリティックポリマー(デンドリマー)
  • コポリマー
  • 架橋

TDAのようなマルチ検出SECを用いると、以下のような多くのパラメータの特定に使用できます。

  • 分岐比
  • 分岐頻度
  • 分子密度/固有粘度
  • コポリマー構造
  • 骨格改変

構造は、密度に対する感度が高い固有粘度検出器と、分子量を測定できる光散乱検出器の組み合わせを使用することで特定できます。 これらのパラメータは、構造情報を推定するMark-Houwinkプロットを構築するために使用します。

応用例:
一般的にニトリルゴム(NBR)と呼ばれるアクリロニトリル-ブタジエンコポリマーは、接着配合剤に広く使われており、この材質の手袋は検査や洗浄に使われています。

NBRのコポリマーの構造、架橋と分岐、分子量は、NBRの柔軟性や耐穿孔性など、肉眼で見える特性に影響を及ぼします。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?