レオロジーとは、力が加えられた状態での材料の流動と変形に関する研究です。 レオロジー特性の測定は、ポリマー希薄溶液から界面活性剤、濃厚タンパク質配合物、ペーストやクリームなどの半固形物、溶融ポリマー、固体ポリマーまで、あらゆる材料を対象としています。 レオロジー特性は、メカニカルなレオメーターを用いてバルク試料の変形から測定したり、毛細管式粘度検出器や、マイクロレオロジーのような光学技術を用いて、ミクロンのスケールで測定したりすることができます。

多くの一般的に使用されている材料や配合物は、複雑なレオロジー特性を示し、粘度や粘弾性が、応力やひずみ、時間スケール、温度などの外的条件により変化します。 タンパク質の濃度や安定性、バイオ医薬品用の製剤タイプなどの内部の試料の変動も、レオロジー特性を決定する主要な因子となります。

レオロジー特性は、処方開発および安定性からプロセッシング、製品性能まで、多くの産業における材料の使用のあらゆる段階に影響を及ぼします。 レオロジー測定の例としては以下のようなものがあります。

  • 非ニュートン性のようなせん断に依存する挙動を調査するための、粘度測定によるプロセッシングまたは使用条件のシミュレーション
  • 材料分類のための粘弾性識別による固体的または液体的挙動の程度の特定
  • 分散安定性の最適化
  • 製品塗布および最終仕上げ品質を調査するための塗料およびコーティングのチキソトロピーの特定
  • 成形加工および最終使用時の性能を調査するための、ポリマーの分子構造による粘弾性への影響
  • ポンピング性または塗り広がり性を調査するための、食品およびパーソナルケア製品のベンチマーキング
  • 接着材あるいはゲルの完全な硬化プロファイリング
  • 治療薬、特にバイオ医薬品のための予備処方スクリーニング

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?