ゼータ電位は、粒子間の静電気または電荷反力または引力の大きさの評価基準で、安定性に影響を与えることが知られている基礎的パラメータの 1 つです。 ゼータ電位を測定することで、分散、凝集または綿状沈殿の原因について詳細な知見が得られるため、分散液、エマルションおよび懸濁液の成形を改善するために適用することができます。

新しい製品設計の導入スピードが、製品を成功へと導く重要な鍵となります。 ゼータ電位測定により、テスト対象の候補数を減らすことで安定性試験を短時間で行うことができる可能性があります。それにより、テスト時間、費用を削減するだけでなく保管期間の改善も可能です。

水処理において、ゼータ電位測定を用いた投与量のモニタリングによって、投与量制御を最適化することで化学添加物の費用を削減できます。

ゼータ電位の測定は、セラミックス、医薬品、薬物、選鉱作業、電子機器、および水処理を含む幅広い業界の重要な用途に適用されています。

マルバーンのゼータサイザー ナノは、高速、高精度でゼータ電位を測定することができます。 独自のディスポーサブルセルによって、サンプル間のクロス コンタミネーションが起こらないようにします。これにより、測定の簡潔さ、速度および精度を向上します。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?