FPIA-3000 は、多忙な品質管理研究室のニーズを念頭に置いて作られており、懸濁中の粒子の径および形状の分析を日常的な測定にします。 試料調製、測定、および洗浄のすべてを装置自体で行うことができます。 高品質な画像や柔軟なソフトウェアにより、非常に効果的な研究開発ツールとなっています。

  • 測定範囲は0.8μm-300μm
  • 約 2.5 分で完全自動の分析とセルフクリーニングを実行
  • 独自のシースフロー技術により、極めて小さな粒子でも正確に測定
  • 操作がシンプルで使いやすいため、品質管理用の分析に最適
  • 内蔵音波処理オプションにより、分散しにくい試料にも対応

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?