動的光散乱法(DLS)は準弾性光散乱法(QELS)とも呼ばれ、非侵入性の確立された技法です。通常は、サブミクロン領域の分子と粒子のサイズとサイズ分布を測定する場合に使用されます。また、最新テクノロジーでは、1nm未満の測定も可能です。

動的光散乱法の主な用途は、液体に分散または溶解された粒子、エマルション、分子の特性評価です。 懸濁液中の粒子または分子のブラウン運動は、レーザー光を異なる強度で散乱させます。 これらの強度の変化を解析することでブラウン運動の速度が得られるため、ストークス・アインシュタインの式を使用して粒径を求めることができます。

マルバーンの動的光散乱手法には、以下の利点があります。

  • 1~2分で正確で信頼でき、再現可能な粒子径分析
  • 自然環境中での材料測定
  • 平均サイズの取得に必要なのは、液体の粘度に関する知識のみ
  • シンプル、簡単な試料準備、高濃度のサンプルも直接測定可能
  • 簡単なセットアップで完全自動化測定
  • 測定可能サイズ範囲 < 1nm
  • 測定可能分子量 < 1000Da
  • 小容量要件(わずか2µL)
  • 標準規格準拠: ISO 13321, 21 CFR Part 11

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?