自動化された画像分析法は、直接的かつ高分解能で粒子を評価できます。 個別の粒子画像は分散した試料から取得され、粒径や粒子形状を含む物理的特性を把握するために解析されます。 1 回の測定で数万個~数十万個の粒子を測定することで統計的な代表分布を作成できます。

画像分析法の中でも、静的な画像システムは静止した分散サンプルが必要です。一方、動的画像分析システムでは、光学系を流れて通過したサンプルを画像で取り込みます。 試料をより詳しく理解するために、レーザー回折法などで測定された粒度分布を検証するために画像分析法が利用される場合があります。 一般的な用途には以下のものが含まれます。

  • 粒度では差が見られないが、形状で差が出る場合。
  • 凝集、粗大粒子、異物粒子を検出したい場合。
  • 針状結晶などの非球形の粒子測定を行う場合。
  • レーザー回折法による粒度分布結果の検証を行う場合。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?