キャピラリーレオメトリーは、ポリマー溶融物成形加工が元となっていますが、高速コーティング・印刷アプリケーションなどの多くの材料プロセスにも直接的に関係しています。 キャピラリーレオメトリーはテスト材料の制御された押し出しに基づいて、高荷重(または圧力)、高せん断速度、高温の条件下での材料流動特性および変形特性の評価を可能にします。

キャピラリーレオメトリー技術の基本は以下のとおりです。

  • 被試験試料を、キャピラリーレオメーターの温度制御されたバレル内のボアに投入します。
  • 既知の寸法(直径と長さ)のキャピラリーダイはバレルのボアの底に取り付けられます。
  • ピストンを使って試料をキャピラリーダイに押し出し、その結果発生する圧力をダイの入口で測定します。
  • せん断粘度は、キャピラリーダイ寸法、ピストン速度、および圧力の情報から算出します。
  • テストのせん断速度を変更して、流動曲線(粘度対せん断速度)を作ることができます。
  • ツインボアバレルおよび「ゼロ長」ダイを使用することで、せん断粘度と伸張粘度の両方を同時に把握することができます。

キャピラリーレオメトリーにより、ダイスウェル、メルトフラクチャ、ウォールスリップ、フロー / ノーフロー応力、溶融強度、ホールオフ、PVT 関係を含む、その他のレオロジー的およびプロセス特性を評価することもできます。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?