ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)やゲルろ過クロマトグラフィー(GFC)としても知られているサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)は、微孔性の充填材料を含む特別なカラムをポンプ圧送することによって、溶解した分子をサイズに基づいて分離する技術です。

試料が分離し、カラムから溶出するにつれ、単一の濃度ディテクター(コンベンショナルキャリブレーション)または一連のディテクター(ユニバーサルキャリブレーションおよびトリプル検出)によって特性評価することができます。

この手法は、天然ポリマー、合成ポリマー、バイオポリマー、タンパク質、またはナノ粒子の特性評価に使用します。

GPC/SECで分離したサンプルを光散乱、粘度検出器および濃度ディテクターの組み合わせで分析すると(トリプル検出)、絶対分子量、分子径、および固有粘度の分布、ならびに高分子構造、配座の凝集および分岐に関する情報を得ることができます。

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?