マルバーンのBioscience Development Initiative(BDI)は、独立し、機敏に動く、独創的事業精神を持った組織です。 産業界および学界と連携し、解析に関する問題や、バイオ医薬品の開発と製造にひそむボトルネックを迅速に特定、評価した上で、ソリューションの原型を作り上げ、それを発展させ、提供します。 この組織は2012年、急激な変化があるこの分野の要求に応えるために設立されました。

過去10年にわたり、バイオ医薬品は、治療薬の分野では最も急激な成長を遂げてきました。毎年、新しい分子創薬が開発に入り、その数は増え続けていきました。 その根本にあるのが、医薬品業界の投資と集中における基盤の変化です。 変化は、低分子医薬品の開発から、より複雑な生体物質の処理へと移り変わり、その規模も、大きく、広範囲に及ぶものになっています。 新しい解析ツールが早急に必要とされている所以です。

マルバーンのBDIとは
マルバーンのBioscience Development Initiativeは、Malvern Biosciences Inc.という法人名で、メリーランド州コロンビア(アメリカ合衆国)に専用の施設を備え、拠点としています。 メンバーは、高い専門性を持つ科学者、エンジニア、プロジェクトマネージャー、ビジネスマネージャーで構成されています。人材力と成長力を併せ持つこのチームを率いるのが、マルバーンの最高技術責任者(CTO)、E. Neil Lewis博士です。 マルバーンの本体組織とは独立しているものの、緊密な連携体制を取っています。

BDIが設立された理由
バイオ医薬品の開発で最大の難関が、測定対象、製品の品質に関する有意義な予測情報をもたらすもの、そしてそれらの要因が経時的に進展する仕組みを把握することにあります。 この環境では、従来の解析装置開発モデルは何年もかかる可能性があり、遅すぎます。 Bioscience Development Initiativeが設立されたのは、業界関係者が連携し、それぞれの課題を共有できるようにするためです。BDIは、マルバーンが新たな技術を特定し、目標に据え、業界の通常の基準を飛び越える迅速な移行、機敏な技術開発を実現するための手段です。

BDIの運用形態
産業界と学界の双方に関わることができるマルバーンの能力がとても重要な要素となります。 BDIチームは、大きな組織でも、中小企業や学界でも、解析のニーズがあるエンドカスタマーやテクノロジーの開発をリードしているエンドカスタマーと共同作業を行い、コミュニケーションを効果的に進めながら、必要条件やソリューションを共有します。

マルバーンのチームは、テクノロジーをより短時間で市場に送り出すために必要なリソースを規定し、大学や新進の中小企業などの組織とのビジネスチャンスを探しています。 多くの場合、まだ萌芽段階にある独自のテクノロジーを医薬品パートナーに直接提供し、レビューと評価を受けます。普段であれば、おそらくまだ披露する段階ではないテクノロジーをパートナーに提示し、リスクを軽減した状態でマルバーンの新しいアイデアを試してもらいます。 これにより、そのテクノロジーが役に立つソリューションかどうかをすぐに決めることができ、その上で伝統的な製品開発に進むかどうかを決めることができます。

成果について

リソースをしっかりと準備し、機敏さも備えたこの専門プログラムにより、バイオ医薬品企業、テクノロジーイノベーター、先進的な学術機関と緊密に連携できます。 互いにメリットのある関係を築くことで、マルバーンは業界の新たに出現する要求をリアルタイムで把握してすぐに応えることができます。また、バイオ医薬品セクターは、緊急に必要としている最先端のテクノロジー開発に早くからアクセスし、影響を及ぼすことができます。

協力関係の構築
原型となるシステムを進展させながら、早いうちからその各段階の姿を新しいテクノロジーの利用者に提示することは、マルバーンのBioscience Development Initiative運用の基盤となるものです。  これらのシステムには、萌芽段階に過ぎないアイデアから、開発が完了した装置まで、さまざまなものがあります。 マルバーンは、特定の解析ニーズを持つ潜在パートナーおよびマルバーンの学習経験を共有できる潜在パートナーに関わることのできる機会を、積極的に求めています。 この目的のために、新興テクノロジーへのアクセスを提供し、ユーザーエクスペリエンスを開発プロセスに反映しています。