新製品発売情報やイベント情報など、マルバーンからの最新の情報がご覧いただけます。

Search for press releases

From:
To:
以下のアイテム:: 5 , 10 , 20 , すべて
前のページ Showing results 1 - 5 of 7 次のページ
  • Aimil Ltd is appointed as the authorized representative for PANalytical in India March 3 2017 - Ref No: PR3421 As of 1st January 2017, Aimil Ltd, has been appointed as the authorized representative for PANalytical’s benchtop X-ray fluorescence spectrometers, Claisse fusion instruments and flux as well as ASD near-infrared products within India. Aimil Ltd, the leading provider of state-of-the-art Instruments and related services, is also a long-term partner of Malvern Instrumentations in India. . Also on 1st January 2017, Malvern and PANalytical merged their activities. Malvern and PANalytical are owned by parent company Spectris plc and are operating companies within the Materials Analysis segment of Spectris. Both companies are world leading suppliers of analytical instrumentation; PANalytical for X-ray instrumentation and software for the purpose of materials analysis and Malvern Instruments for materials and biophysical characterization technology. . The combined entity is a strong player in the materials characterization market and will be able to leverage the strengths of the individual companies in their end markets ranging from building materials to pharmaceuticals and from metals and mining to nanomaterials. . “The appointment of Aimil Ltd as the agent of both Malvern and PANalytical is timely. Aimil will bring greater synergy to India. They will be able to offer a holistic range of products, solutions and services to a broader set of markets and customers” says Gjalt Kuiperes, Regional Director for Malvern & PANalytical Asia Pacific. . “The merger of PANalytical and Malvern is a great move forward. We at Aimil, are very excited to work with world-renowned PANalytical X-ray products to address existing and emerging markets more comprehensively. I can assure you our teams will do justice to this confidence” comments Arvind Verma, Managing Director for Aimil Ltd. . 続きを読む
  • Malvern launches MicroCal PEAQ-DSC February 21 2017 - Ref No: PR3217 The new MicroCal PEAQ-DSC microcalorimeter from Malvern Instruments resets the performance standard for characterizing protein and biomolecule stability. This latest innovation in Differential Scanning Calorimetry (DSC) has been created specifically for the regulated environment and delivers essential data to guide biopharmaceutical development, from protein engineering, through pre-formulation and process development, to formulation and manufacture of the final product.. The new system offers developers a quick stability assay to identify biotherapeutics with good stability potential and enables them to determine the conditions that maximize the shelf-life of a biotherapeutic. In manufacturing, it helps maximize yields of biotherapeutic compounds and supports the robust demonstration of batch-to-batch comparability or innovator to biosimilar comparability.. MicroCal PEAQ-DSC delivers unattended 24-hour operation, together with streamlined workflows and automated data analysis to produce results in hours, driving productivity and efficiency gains in research and production. In addition, the system is network-ready, and has built-in automated cleaning and self-validation protocols that minimize downtime and ensure that all data reported is of the highest quality. Dedicated instrument standards are available so that performance can be validated throughout a series of runs.. Importantly, MicroCal PEAQ-DSC is available with full documentation and software support for Analytical Equipment Qualification, in line with USP and FDA guidance, as well as a comprehensive package to aid technical compliance to FDA CFR Part 11 and EU GMP Annex 11.. Ronan O’Brien, Head of Business Development – MicroCal at Malvern, said: “We are very excited to be putting such a capable tool in the hands of our customers. We have worked closely with users of our previous-generation DSC system to make sure that the MicroCal PEAQ-DSC supports a wide range of needs across the biopharma development cycle. As the importance of biopharmaceuticals continues to grow, we see customers searching for powerful analytical systems that can deliver data that genuinely informs development, formulation and process decisions, as well as supporting regulatory challenges. DSC has long been considered the gold standard for stability measurement but now, with the new MicroCal PEAQ-DSC, we believe we have redefined what is possible with this technique.”. MicroCal PEAQ-DSC is available in two versions: a standalone instrument that includes the DSC cell and a dedicated computer, or a fully automated system with the addition of a liquid handling robot. Either can be specified with the 21 CFR Part 11 software package.. For more information about MicroCal PEAQ-DSC, please visit: www.malvern.com/MicroCalDSC . Malvern, Malvern Instruments are registered trademarks of Malvern Instruments Ltd . MicroCal is a trademark of Malvern Instruments Ltd. 続きを読む
  • Malvern Instruments to present at Inkjet Ink Development Conference February 20 2017 - Ref No: PR170220 The IMI Europe Inkjet Ink Development Conference is aimed at ink development chemists looking to find out the latest products, technology and techniques, and exchange ideas with peers. The conference covers colorants, material dispersions, resins and polymers, photoinitiators, ink additives and other materials, analytical equipment and processing techniques.. As part of the conference program, Mats Larsson from Malvern Instruments, will be talking about Ink rheology and why it is important, not only for the jetting process, but also for the formulation, stability and manufacturing of inks. Mats has more than 35 years’ experience in rheology and rheological measurements. . For more details on the conference program and to register for the event click here. By using the code IJID200 when registering (and mentioning Malvern Instruments) registrants can get a €200 discount from the registration fee.. 続きを読む
  • プレスリリース: Malvern Instruments Ltd.(英国)とPANalytical B.V.社(オランダ)の合併について December 5 2016 - Ref No: PRMalvernPanalytical この度、当社親会社のMalvern Instruments Ltd.(英国)は、Spectrisグループ企業の一員であるPANalytical B.V.社(オランダ)と合併することとなり、2017年1月1日より新会社として発足する運びと相成りました。日本国内におきましては、スペクトリス株式会社 マルバーン事業部とパナリティカル事業部の事業部統合の予定です。 両社ともSpectris PLC (英国)が親会社であり、成分分析グループに属しています。. PANalyticalはX線回折(XRD)と蛍光X線分析(XRF)の分野にてハードウェア、ソフトウェア及びソリューションを提供し、Malvernは工業やバイオ分野等の研究開発部門や製造プロセスにご利用いただける材料特性評価の分析装置を提供する、世界的なリーディングカンパニーです。 建築資材から医薬品、金属鉱業からナノマテリアルに至る市場における両社の強みを生かすことで、合併会社は成分分析市場でより一層のプレゼンスを示すことになります。. 今般の合併は、両社が持つ経営資源の統合により、両社の強力なブランド力を利用し、製品やソリューション・サービスをさらに充実させ、より幅広い市場やお客様に提供することにより社業の更なる発展に大きく貢献するものと確信しております。. すべてのお客様に対して、従来通りの高品質のサポートを保証するために、両社はスムーズかつ効果的な統合プロセスを協力して進めてまいります。 また合併会社は、MalvernとPANalytical製品や従業員に対する開発や投資も継続して行います。. 最後に、Spectris PLC (英国)の成分分析グループ担当のBusiness Group DirectorであるEoghan O’Lionairdのコメントをご紹介いたします。「本合併はMalvernとPANalyticalにとって新たなチャンスを生むことになります。 両社の統合によって、資源を相互利用することで提案力を強化するだけではなく、お客様に対して更に高い付加価値を提供できるようになります。 私共は統合プロセスをスムーズにするために全力を尽くしています。そして合併会社がお客様の要望によりよく応えるために、積極的にお客様と連携させていただく所存でございます。」. 続きを読む
  • 現在のナノ粒子計測法の基礎となる当社製品が「デジタル式相関計・確率解析装置K7023」が 「分析機器・科学機器遺産」に認定、JASIS2016にて授与式・展示 August 25 2016 - Ref No: PRJASIS2016 . マルバーンが1971年に開発・販売した「デジタル式相関計・確率解析装置 K7023」が、一般社団法人日本分析機器工業会と一般社団法人日本科学機器協会が主催する第5回「分析機器・科学機器遺産」認定事業において、遺産に認定されました。9月7日から幕張メッセで開催する展示会「JASIS 2016」に合わせて、認定証授与式が行われるとともに、同展示会の会期中、実機の展示を行います。. この「分析機器・科学機器遺産」認定事業は、日本国民の生活・経済・教育・文化に貢献した貴重な分析技術/分析機器や科学機器を、文化的遺産として後世に伝えることを目的に、2012年から「分析機器・科学機器遺産」の認定事業を行っているものです。最終年度となる第5回は産・官・学の有識者6名による選定委員会にて厳正な審議が行われ、15件が選定されました。いずれも当時、世界に誇る機器・技術だったものであり、次世代に継承されるべき「科学のちから」と言えるものです。. 本装置を発売した1971年当時、ブラウン運動する粒子にレーザーを照射したときの散乱光強度の揺らぎから、拡散係数を求めて、粒子径を測定する技術は既にありました。しかし本装置以前は散乱光強度をアナログ量(電流値)として計算していたため、実用的な精度の拡散係数を得るには数日間の連続測定が必要でした。本装置では、デジタル光子計数をベースに当時最新の技術を実装して、効率よく自己相関関数の計算を行うことができるようになりました。これにより、それまで不可能だった微小粒子の測定を可能にするとともに、測定時間を数分、長くても1時間程度にまで短縮することを可能にしました。この粒子径測定手法は現在、創薬・バイオ・新素材開発など、ナノ粒子を扱う先端分野で標準的に利用されています。. 【「分析機器・科学機器遺産」認定基準】. (1)分析計測技術・機器(以下、分析機器と略)ならびに科学技術・機器(以下、科学機器と略)の発展史上重要で、次世代に継承していく大きな意義を持つもので、次の基準を満たすもの 1) 対象とする科学技術及び機器の発展過程において重要な要素または段階を示すも 2) 国際的に見て分析機器又は科学機器の独自性を示すもの 3) 新たな分析機器又は科学機器の創造に寄与したもの. (2)国民生活、産業、経済、社会、文化の発展と在り方に顕著な影響を与えたもので、次の基準を満たすもの 1) 国民生活の発展に顕著な役割を果したもの 2) 日本の産業・経済の発展と国際的地位の向上に貢献のあったもの 3) 社会、文化と科学技術及び機器の関わりで重要な貢献を示すもの . 【認定基準の分類】 (1) 使用後も保存されている機器又は収集されて保存されている機器 (2) 技術や機器に関連する文書及び/又は試料資料類. 【認定証の授与式及び展示】 2016年9月7日(水)より幕張メッセで開催される展示会「JASIS2016」にて認定証授与式を行うとともに、会期中、展示会場内で認定品の展示を行います。. 【認定品概要】 認定番号:No.68 名称 :デジタル式相関計・確率解析装置 K7023 発売年 :1971年 測定内容:動的光散乱法による粒子径測定などの計算に使用 測定方法:動的光散乱法など 測定時間:数分~1時間程度(測定項目による). . 続きを読む
前のページ Showing results 1 - 5 of 7 次のページ