ポリマー特性評価は、ポリマー科学の重要な部門です。通常、物質の特性を理解または予測するために使用されます。その範囲は、揺りかごから墓場まで、つまり最初に重合化されたときから、分析研究室、どのようにプロセスするかの予測、最終的な使用特性の予測、その寿命評価、そしてどのように分解し環境に影響するかの測定にまで及びます。

マルバーンの測定装置を使用すると、分子量、分子量分布、分岐、構造、レオロジー特性、形態および粒子径(適用可能な場合)についての情報を迅速に生成できます。

これらの測定技術は、以下のことに利用できます。

  • 高度なマルチ検出 GPC/SEC システムを使用した、完全な分子量、分子量分布、分岐と構造、およびコポリマー組成の測定
  • 回転式レオメーターの使用による分子構造の測定および高度なキャピラリーレオメーターの使用によるプロセス特性の予測
  • プロセス中にポリマーが受ける、せん断、圧力および温度条件のシミュレーション
  • 自動化された工程品質管理またはプロセス開発のための、ポリマー、ポリアミド、ポリカーボネート、タンパク質、多糖類など、水溶性または有機アプリケーションの分子量、分子径および固有粘度の測定