タンパク質の多くは、体内で修飾されます。リポタンパク質と糖タンパク質の 2 例においては、修飾が活性だけでなくタンパク質の最終的な行き先にも影響します。

薬物の生体内分布を変える方法として、タンパク質または小分子に可溶性ポリマーを試験管内で結合する方法が用いられます。これによって、患部に薬剤を効率よく送り込むことができ、潜在的薬物毒性を低減させるだけでなく、薬物代謝に影響して、必要投与量を減らすことができる可能性があります。 これら試験管内修飾の一般的な例として、PEG 化タンパク質や修飾ワクチン(タンパク質に結合された細菌多糖類)などがあります。

マルバーンの技術は、以下の事例において、試験管内修飾に関する研究を支援します。

  • 修飾反応の成功率の測定
  • 修飾複合体の組成の定量
  • 修飾複合体の熱力学的安定性および凝集安定性の評価