結晶構造は、タンパク質、金属および製薬を含むすべての種類の材料に存在します。 複数の結晶形に存在する物質は多形性です。 結晶化、温度、プロセス、または反応時間の変更により、異なる多形体が生じます。 多形体は、最終製品の品質、安全性および有効性に影響する化学的、物理的または物質的特性によって異なります。 粒子径、形状および化学的性質に関して物質の結晶と多形体を特性評価し理解できることが不可欠です。

産業とアプリケーションの知識を組み合わせた、マルバーンの使いやすい粒子径測定装置、粒子形状測定装置、および化合物の同定・定性分析装置とレオロジー測定装置は、多形体の特性評価に役立ちます。

アプリケーションには、以下のようなものがあります。

  • 結晶化プロセスの最適化
  • 混合物内の異なる多形体の同定および限定
  • 品質パラメーターの識別