ナノ粒子は、独自の光学特性、電子特性、熱特性および化学特性を持っています。 そのため、粒子径を測定することはその材料を理解するために重要です。

ゼータ電位は、分散剤におけるナノ粒子の安定性や凝集を判断する重要なパラメーターであるため、このパラメーターの制御は製品のパフォーマンスに重大な影響を及ぼします。

光散乱法、特に動的光散乱法と電気泳動光散乱法は、分散したナノ粒子の径とゼータ電位を測定するための一般的な技術となっています。

マルバーンのゼータサイザーは、高速かつ信頼性が高く使いやすいシステムで、正確で再現性の高い測定を行います。