タンパク質電気泳動移動度(ゼータ電位)の測定は、タンパク質およびバイオ医薬品の研究で普及が進んでいます。 電気泳動移動度は、分子上の電荷と関係があるだけでなく、溶液中のタンパク質の安定性および挙動にも関連していることが分かってきています。

タンパク質上の電荷は、以下のようなタンパク質の挙動の側面に影響を及ぼす基本的なパラメータの 1 つです。

  • 活性
  • 凝集
  • 膜およびその他の表面との相互作用
  • リガンド結合親和性
  • ろ過性
  • 長期保存安定性
  • 結晶化条件検討
  • 製造工程の検討

荷電状態の測定は、製剤の開発を支援する貴重な情報を提供し、これらの相互作用を制御することで安定性を予測し、製品寿命を改善させることができます。

ゼータサイザーナノ ZSP は、タンパク質製剤の挙動を調べ、かつ理解するために、タンパク質電気泳動移動度を高い信頼性で正確に測定できる感度や特化した測定手順およびソフトウェアを備えています。