アルキメデスは、共振式質量測定の手法を用いて50nm~5µmの粒子を検出してカウントし、粒子重量と粒子径を測定する、革新的な高機能システムです。 免疫原性および製品の安全性に関する問題として特に着目されている、200nm~5µmの範囲内外のタンパク質凝集体を定量的に測定します。

アルキメデスの中核にあるのはMEMS(Micro Electro-Mechanical Systems)テクノロジーセンサです。高い感度、高い信頼性、再現可能な形で凝集体を1つずつ測定できます。 また、試料の濃度、粘度、多分散性、密度、体積に関する情報を提供し、負の浮力を持つタンパク性粒子と正の浮力を持つ汚染シリコンオイルの飛沫を区別できます。

測定項目

  • 粒子数
  • 粒子径
  • 粒子の浮遊重量
  • 粒子の乾燥重量
  • 粒子密度
  • 粒子の表面積
  • 試料量
  • 試料濃度(粒子/mL)
  • 試料密度

主な利点:

  • バイオ医薬品の製造と開発における評価に最適。
  • 50nm~5µmの粒子径の粒子を独自の方法で正確にカウント。
  • 超高感度:最小で450ag(アトグラム)の粒子重量を測定。
  • 50nm~5µmに対応する高精度の粒子径測定。
  • 高い粒子径分解能(1µmの直径で20nm未満)。
  • 少ない試料使用量:わずか100µL。
  • 負の浮力を持つ粒子と正の浮力を持つ粒子の区別。
  • 高濃度試料(最大109粒子/mL)および高粘度試料(最大50cP)を測定可能。
  • 短時間でNISTトレーサブルな校正が可能
  • 再現性の高い結果。
  • 直感的で使いやすいParticleLabソフトウェア。