Viscosizer TDの独特な点は、キャピラリフロー中でTaylor分散法とUVエリアイメージングを使用して、溶液中の対象生体分子の生物物理学的特性評価が超微量で可能であることです。

Taylor分散法は本質的に単純な実験手法であり、ナノリットル単位のサンプルパルスを対応する緩衝液の層流に注入します。 UV吸収から得られた濃度の経時変化(テイラーグラム)を分析して、溶液中の分子の拡散係数、さらに分子の流体力学的半径を求めることができます。

Viscosizer TDは、他の手法では測定に干渉する原因となり得る添加剤や界面活性剤の存在下でも、低分子、ペプチド、タンパク質、およびそれらの種類の混合サンプルを全自動で測定し、安定性を分析します。

マイクロキャピラリフローを用いた方法では、ポアズイユ法を使用して、同じサンプルの補完的な相対粘度の測定も行えます。

  • Viscosizer TDは使いやすいシステムであり、温度制御オートサンプラー内でサンプルの保管と調製を行ってサンプルの整合性を確保
  • 柔軟性が高く直感的なソフトウェアインターフェースには、全自動試験のスケジュールとデータ解析の機能があり、無人オペレーションが可能
  • 分子サイズ測定用のサンプル量は40ナノリットル、相対粘度用のサンプル量は6マイクロリットル
  • 1つのサンプルでサイズと相対粘度の両方を3回測定するには、合計で35マイクロリットルのサンプルが必要(余分な15マイクロリットルは回収可能)
  • 分子サイズの測定にUV検出を使用しているため、質量がマイクログラムまでの低濃度で測定が可能
  • 独自のデュアルパスタイミングによる相対粘度測定は、低濃度かつ低粘度で高い再現性を示す高分解能測定
  • Taylor分散法で扱うことができる溶液中の分子サイズ範囲は非常に広く、低分子サイズから、ペプチドサイズ、タンパク質サイズ、これらの種類の混合サンプルのサイズにわたる
  • 候補の検証から初期段階の処方開発に至るまで、タンパク質の安定性評価およびタンパク質の溶解性研究の従来とは異なる手法
  • ペプチドの安定性および溶解性を評価するバイオ医薬品研究者向けの新規手法
  • UV波長を変えることにより、測定感度および分子選択性の最適化が可能
  • 対応するサンプル緩衝液を使用することにより、添加剤および界面活性剤の影響を効果的に無視して測定ができるので、複雑な溶液に含まれる対象生体分子をラベルフリーで特性評価することが可能
  • 測定は、少量の凝集体の存在による悪影響を受けないため、最低限の調製でサンプルの測定が可能で、希釈やろ過は不要

Viscosizer TDは、複雑な溶液に含まれる対象生体分子の構造安定性、自己会合、および溶解性を評価する独自の測定機能を備えています。 主なアプリケーション分野には次のものがあります。

  • 超微量、低濃度のサンプルで、開発初期段階でモノクローナル抗体の開発可能性をスクリーニング
  • 処方開発段階で、複雑な緩衝液中の候補物質を最適化
  • バイオ医薬品の重要品質特性(CQA)の評価
  • ペプチドを主成分とする医薬品の生物物理学的研究を低濃度で実施
  • 生体内に近い条件での医薬品の挙動の理解を促進