ラマン分光法は、製薬、ファインケミカル、鉱物、食品など数多くの産業で原材料の化学的同一性と構造を測定する確立された分光法技術です。

ラマン分光法は非常に高い化学的特定性を持ち、同じ化合物の異なる多形体を区別する場合などに、通常使用されます。 静的画像分析と併用することで、試料の中で個々に分散された粒子の化学的同定・定性分析ができるようになります。

この技術は、以下のことに応用されます。

  • 混合物中の成分について特定の粒子を化学的に同定
  • 汚染物質または異物粒子の同定
  • 粒子計数による混合物中の化学成分の定量化

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?